企業の方へ

特許情報のご紹介(その他)

FBG(光ファイバー)を用いた加速度センサ ~ 回転と並進の加速度を同時に計測ができる ~

管理番号 2012-006

技術の名称

FBG(光ファイバー)を用いた加速度センサ ~ 回転と並進の加速度を同時に計測ができる ~

キーワード

FBG,加速度センサ,光式加速度計

番号 特許出願済み HP掲載日 2012-08-29

技術の概要

香川大学と高松高等専門学校の研究グループは、FBG(ファイバーブラッググレーティング)を用いて並進と回転の加速度を同時に計測する加速度センサを発明した。発明した加速度センサの機構は、非常に簡単で今後のFBGを使ったセンサに応用できる可能性がある。今回は、FBGセンサを加速度センサとした用途発明であるが、研究グループでは、この発明をきっかけに企業のニーズにあったFBGセンサの開発が可能と考えている。ちなみに、今回の発明で使用されているFBGについては、香川県内の企業から購入可能であるため、完成したFBGセンサは直ぐに販売もしくは製品利用が可能である。

 

活用のセールスポイント

・電磁ノイズの影響を受け無い
・長距離伝送(遠隔制御)が可能
・1ラインで多点測定が可能
・防爆環境下での使用が可能
・細径で軽量
・構造がシンプル、
・張力(ひずみ量)や温度変化に比例して波長がシフト

 

説明図等

FBGとは・・・「Fiber Bragg Gratingの略であり、光ファイバーのコアに周期的な干渉縞(屈折率を変化させる)の区間を設けた光ファイバーである。その干渉稿の部分が熱や荷重で伸縮することで縞間隔が変化し、透過または反射する光の波長の変化が発生する。この光の波長変化をとらえることで、センサとして活用できる。」


想定される応用分野・製品、市場規模

●歪センサー(変位、圧力、傾斜、水位、振動)
橋脚、道路、ビル、ダム、トンネル、地滑り、防犯フェンス、その他
●温度センサー(温度計)
貯蔵タンク(ガス、石油)、パイプライン、路面、その他
●ファイバーレーザー
●光通信用フィルター

PDFを閲覧するにはAcrobat Reader、またはAcrobat Readerが必要です。
Adobe ReaderはAdobe社WEBサイトからダウンロードできます。

Adobe Readerのダウンロードはこちら

人材募集 スタッフ紹介 IDを取得するには リンク集