企業の方へ

製品化事例のご紹介

植物生育診断装置

植物は葉緑素(クロロフィル)で光を吸収し光合成を行いますが、使えなかった光の一部を赤い光に交換して発光します。この赤い光をクロロフィル蛍光といいます。

光合成反応の状態によって、クロロフィル蛍光の強さは変化しますので、これを撮影し、解析することで植物の光合成機能を診断できます。

植物工場ではタイマー制御により計測は夜間に行いますので、昼間の管理作業の妨げになりません。そして、植物の生育の変化を目視確認より早く予測できます!

愛媛大学農学部 高山先生、仁科先生の研究グループにより学術的に実証された技術です。

光合成反応の状態によって、クロロフィル蛍光の強さは変化しますので、これを撮影し、解析することで植物の光合成機能を診断できます。 植物工場ではタイマー制御により夜間に計測を行います。

さらに詳しい商品情報はこちらから↓

https://www.iseki.co.jp/products/sentan/sentan-03/

この商品は井関農機株式会社が発売しています。

PDFを閲覧するにはAcrobat Reader、またはAcrobat Readerが必要です。
Adobe ReaderはAdobe社WEBサイトからダウンロードできます。

Adobe Readerのダウンロードはこちら

人材募集 スタッフ紹介 IDを取得するには リンク集