企業の方へ

製品化事例のご紹介

産学連携共同開発製品-柑橘果皮と乳タンパクの共同効果によるNプラス新商品-『Wみきゃんヨーグルトアイスバー』

このたび、愛媛大学大学院農学研究科附属食品健康科学研究センターでは、地域貢献の一環として、 愛媛県西条市の株式会社名水アイスと共同で、『Wみきゃんヨーグルトアイスバー』を開発しました。 食品健康科学研究センターでは、これまで柑橘果皮成分であるノビレチンと乳タンパク質であるβラクトグロブリンを 同時摂取することにより、効果的にアレルギー症状が緩和されることを明らかにしてきました。この効果を活用した機能性食品を 「Nプラス」という統一ブランドとして、これまでに7社から9製品が販売されており、「Nプラス」ブランドの新製品として、 株式会社名水アイスより『Wみきゃんヨーグルトアイスバー』の製造・販売を開始することとなりました。  

四国内ではスーパーのFUJI(株式会社フジ)にて販売が決まりました。平成30年9月中旬より店頭に並びます。

 

 

【問合せ先】

この商品は株式会社名水アイスが発売します

HP:https://WWW.meisui-ice.com/

PDFを閲覧するにはAcrobat Reader、またはAcrobat Readerが必要です。
Adobe ReaderはAdobe社WEBサイトからダウンロードできます。

Adobe Readerのダウンロードはこちら

人材募集 スタッフ紹介 IDを取得するには リンク集